日本乳癌学会 認定施設・乳腺専門医|福岡市乳がん検診実施医療施設(マンモグラフィ・視触診併用)

  • フォントサイズを小さくする
  • フォントサイズを大きくする

黒木クリニック 日本乳癌学会 認定施設・乳腺専門医 福岡市乳がん検診実施医療施設(マンモグラフィ・視触診併用)

完全予約制 092-631-2311 9:00~18:00(日曜日休診)

診療案内

甲状腺疾患

甲状腺は、新陳代謝を調整するホルモン(甲状腺ホルモン)を分泌するところです。喉仏の下あたりにあり、蝶が羽を広げたような形をしています。正常な甲状腺はやわらかく、触ってもどこにあるかわかりませんが、腫れやしこりが生じると外から触ってわかるようになります。

悪性疾患
良性疾患
甲状腺ホルモンが増加/減少する疾患

悪性疾患

甲状腺がんは、がんのなかでも性質がおとなしく、進行がゆっくりしています。ほとんどの甲状腺がんは甲状腺にしこりを作りますが、痛みなどの自覚症状がほとんどありません。ほとんどの場合、手術による安全で有効な治療が可能であり、予後は非常に良いことが多いです。とはいっても、がんが進行すると反回神経(声を出す神経)や気管にがんが広がることがありますし、甲状腺周囲のリンパ節や肺、骨への転移の可能性もあります。甲状腺にしこりを感じたら、はやめに専門科を受診しましょう。

乳頭がん

甲状腺がんで最も多いタイプのがんで、全体の約90%を占めます。乳頭がんという名前は、がん細胞を顕微鏡で観察するとがん細胞が乳頭状の発育をしているためについたもので、乳がんとは関係ありません。女性に多く、10歳台〜80歳台まで幅広い年代で発生します。

濾胞(ろほう)がん

甲状腺がんの5%程度を占めるがんです。乳頭がん同様、あらゆる年代に起こり、女性に多い傾向があります。濾胞がんは腫瘍の形も細胞も良性腫瘍である濾胞腺腫と似ているため、区別が難しい場合があります。

髄様(ずいよう)がん

甲状腺がんの1〜2%程度を占めます。家族性(遺伝性)に起こる場合と、遺伝に関係なく散発性に起こる場合があります。家族性髄様がんは甲状腺内に多発するので、甲状腺全摘出手術が必要となります。

未分化がん

甲状腺がんの1〜2%程度を占めます。非常に予後が悪いがんで急速に進行します。60歳以上に多く、男性の頻度も比較的多いがんです。手術、放射線、抗がん剤による化学療法を組み合わせて治療しますが、残念ながら有効な治療法がまだ確立されておりません。

悪性リンパ腫

甲状腺の中にあるリンパ球が悪性化したものです。甲状腺全体が急速に腫れてきます。もともと橋本病のある方に多く発生します。治療法は手術ではなく、抗がん剤や放射線治療が中心となります。

良性疾患

腺腫様甲状腺腫

甲状腺にしこりができる病気です。甲状腺の機能が正常で、なおかつ良性と診断されればすぐに身体に害を及ぼすことはありません。基本的に治療の必要はありませんが、ときどき大きくなったり、がんを合併することもあるので定期的な受診が必要です。

甲状腺嚢胞(のうほう)

甲状腺組織の一部が袋状になり、中に液体がたまった状態のものです。基本的に治療の必要はありません。

濾胞腺腫(ろほうせんしゅ)

甲状腺にできる痛みのないしこりです。大きくならなければ治療の必要はありませんが、濾胞がんとの区別が難しいため、定期的な経過観察が必要です。

甲状腺ホルモンが増加/減少する疾患

バセドウ病

甲状腺ホルモンが増加する病気です。症状としては甲状腺の腫れ、頻脈、動悸、多汗、体重減少、疲労感、息切れ、眼球の突出などがあります。診断は触診、超音波検査、血液検査によって行います。血液検査によって甲状腺ホルモン(fT4)が高く、甲状腺刺激ホルモン(TSH)が低いのが特徴です。治療は服薬で行います。甲状腺ホルモンの産生を抑える抗甲状腺剤を毎日決められた量飲むことで、次第に甲状腺ホルモンが正常になり、症状が緩和してきます。途中で薬を中止するとすぐに元の状態に戻り、コントロールが難しくなりますので、自己判断で薬を調整しないことが重要です。

橋本病(慢性甲状腺炎)

甲状腺機能の低下が見られる病気です。甲状腺が腫れ、顔や手足のむくみ、体重増加、寒がりなど甲状腺機能低下による症状が見られます。自己免疫の異常により、リンパ球が自分の甲状腺の組織を攻撃し、慢性的な炎症が起こることが原因と言われています。甲状腺機能が正常の場合は治療の必要はありませんが、定期的な経過観察が必要です。甲状腺機能が低下している場合は、服薬による治療を行います。甲状腺ホルモン製剤を服薬することで症状が軽快します。

診療時間

平日
午前/9:00~13:00
午後/14:00~18:00
午前診療
水曜・土曜は13:00までの診療です
休診
日曜、祝日

完全予約制 092-631-2311

黒木クリニック

福岡市東区箱崎1-3-6

交通アクセス