日本乳癌学会 認定施設・乳腺専門医|福岡市乳がん検診実施医療施設(マンモグラフィ・視触診併用)

  • フォントサイズを小さくする
  • フォントサイズを大きくする

黒木クリニック 日本乳癌学会 認定施設・乳腺専門医 福岡市乳がん検診実施医療施設(マンモグラフィ・視触診併用)

完全予約制 092-631-2311 9:00~18:00(日曜日休診)

診療案内

リンパ疾患

人間の体には、血液を運ぶ血管の他に、たんぱく質とリンパ球に富み、老廃物を運ぶリンパ液の流れがあります。このリンパ液が流れる管のことをリンパ管といいます。リンパ管は血管のように全身に張り巡らされています。
リンパ液はリンパ管を通って脇の下や鎖骨、脚の付け根などにあるリンパ節に流れ込みます。
リンパ節は新しいリンパ球や免疫抗体をつくり、リンパ液に含まれる細菌や異物を処理する役割を持っています。

リンパ浮腫

リンパ液の流れがなんらかの原因で滞り、手足にリンパ液が溜まった状態をリンパ浮腫といいます。

乳がん術後のリンパ浮腫

乳がんの手術では、腋の下のリンパ節(腋窩リンパ節)を摘出する場合があります。腋窩リンパ節がなくなると、手先や腕から胴体へと流れ込むリンパの流れが滞り、手術をした側の腕がむくむことがあります。この状態をリンパ浮腫といいます。リンパ浮腫になると、腕にだるさや重み、疲れやすさなどの症状が起き、皮膚感染症を起こすこともあります。
とはいっても、腋窩リンパ節の摘出をしたすべての方がリンパ浮腫になるわけではありません。また、リンパ液は筋肉の運動によって流れているため、手術した側の腕を適度に動かすことで、リンパ浮腫を予防することができます。

リンパ浮腫の治療

リンパ浮腫の治療は医療リンパドレナージ、圧迫療法、圧迫下での運動療法、スキンケアを複合した複合的理学療法を行います。医学的根拠に基づいた適切な治療を受けることで症状の改善が促されます。

医療リンパドレナージ
貯留しているリンパ液を専門的なマッサージ技術により、健康なリンパ管へ誘導してむくみを改善します。
圧迫療法
弾性スリーブや弾性包帯などを用いて圧迫を行い、リンパ液の排液を促します。

乳がん術後のリンパ浮腫において注意すること

手術によって上半身のリンパの流れの要となる腋窩リンパ節がなくなっているため、リンパ液の流れが変わっています。一般的な全身マッサージを受ける際は、手術で腋窩リンパ節を取っていることを伝え、腋窩周辺のマッサージは避けましょう。
リンパ浮腫の治療の場合は、医学的知識をもつリンパ浮腫療法士によるリンパドレナージュを行います。手術した側の腕がむくんできたと感じたらリンパ浮腫外来のある医療機関に相談しましょう。

診療時間

平日
午前/9:00~13:00
午後/14:00~18:00
午前診療
水曜・土曜は13:00までの診療です
休診
日曜、祝日

完全予約制 092-631-2311

黒木クリニック

福岡市東区箱崎1-3-6

交通アクセス